代表紹介概要

代表紹介

こんにちは。(株)あおい総合研究所、代表の道場です。

(株)あおい総合研究所は、主に個人や独立したばかりの植木職人さんを対象に、集客のお手伝いをしています

(株)あおい総合研究所 道場明彦

運営会社:(株)あおい総合研究所
代表取締役:道場 明彦

保有資格

司法書士/行政書士/事業再生士補/2級FP技能士 他

経歴

零細企業を専門に、売上アップ・資金繰り等事業再生のコンサルティングを行ってきました。
元・司法書士で、600件以上の借金問題を解決しました。
その後会計事務所のコンサルタントとして、50社以上の税務会計・経営のコンサルティングを行っています。
零細企業専門の事業再生コンサルティング会社(株) あおい総合研究所を設立。造園業、自動車整備工場、飲食店、製造業、クリニック、士業、ストレッチジム他多種のクライアントを持っています。
難しいマーケティング理論を誰にでも分かるように説明する手法は定評があります。

植木屋、造園業はお客さんに喜ばれるとても素晴らしい仕事であるにもかかわらず、集客が苦手なために苦労している人が多いことを知り、最近は植木屋、造園業の集客サポートに力を入れています。
集客のことを全く知らない植木屋が180万円/月の売上達成、月1万円の広告費で10件問い合わせなど、大きな成果を上げています。
これまでにサポートした植木屋さんの売上増加額は、累計で8億円以上です(令和4年8月末時点)。

書籍

最強販促事例の本2

「最強販促事例の本2」

本書籍は、全国各地で商売繁盛を実現している8人の経営者の「最強販促事例」を1冊にまとめたものです。
売上アップに関する有益な情報を掲載しています。

その中で「約50人の植木職人で売上総額5億円超を実現したWEB集客」を執筆しました。

ラインナップ(目次)は↓こちらです。

  • ブロガー直伝!簡単リスクなしのハイリターンSNS集客術
  • コロナ禍でも大人気!美容室で健康サービスを成功させる7ステップ
  • 中小企業のための高収益ビジネスモデルのつくり方
  • コロナ禍でも大成功!自社のSNSで商売繁盛を実現する方法
  • 見込み客から続々問い合わせが届く言霊名刺のつくり方
  • 最高月商240万円宅配サービスで売上げを3倍にした秘密
  • 新聞折込と公民館を利用して、毎月安定的に保険契約を獲得する方法
  • 約50人の植木職人で売上げ総額5億円超を実現したWEB集客

趣味・好きな食べ物

バンド活動・蕎麦

(株)あおい総合研究所 設立前の代表の詳しい経歴

組織に属するのが苦手、独立するしかない・・・
よし!司法書士になろう!

子供のころは人生において大きな波もなく、穏やかに過ごしていました。
ただ、高校生の頃には「自分は組織に属するのが苦手である」ということに気が付いていたため、自分は将来、独立するしかないと思っていました。

そこで独立できる資格を調べたところ司法書士を見つけ、それならば司法書士になってやろうと思い、

近所の大学の法学部に入学し、卒業後は、司法書士事務所で働きながら資格を取得。その後、大手司法書士事務所へ就職し、本格的に司法書士としてのキャリアをスタートさせることができました。

司法書士として私は主に、消費者金融などからの借金で苦しんでいる人たちから相談を受け、立ち直るお手伝いをしていました。

数年間その仕事に携わっている間に、おそらく1,000人以上の方から相談を受け、600人以上の方から依頼され実際に債務の整理にあたりました。

かなりの経験を積み、自分なりに仕事に自信を持っていましたし、依頼者からは感謝されますし、忙しいながらも順調な日々でした。

なぜ(株)あおい総合研究所を設立したのか?

司法書士時代のある挫折がきっかけ・・・

そんな順調な日々の中、私を変えた出来事がありました。
リーマンショック後のことです。

ある方が相談にいらっしゃいました。個人で事業をやっているという方で、内容は闇金が絡むかなりヘビーな案件でしたが、まあなんとかかんとか、それらの借金に関しては解決できる見通しがつきました。銀行からも多額の事業資金の借入がありましたが、それは今までどおり返済していく、他の借金が片付けば大丈夫ということで、元気に帰っていきました。

数週間後、その方が自殺を図ったという連絡がご家族からありました。

闇金等の借金は片付いたのですが、結局急激な業績の悪化により売上も激減し、銀行にも、仕入先や外注先にも支払いができず、責任を感じ保険金でそれらを払おうとしたのでした。自殺を図ったという連絡と一緒に、私宛のメッセージとしてご家族からその旨伝えられました。

幸い、その方は一命を取り留めました。すぐに回復したので仕事も続けられました。銀行への返済はリスケし、その他の支払いも少しずつ返すということで話をつけ、現在も事業を継続しています。

しかし、私は自分がなんて役に立たないのだろう、と思いました。自殺を図るまでの状況認識も甘かったですし、その後もどうすれば経営状況を良くできるかアドバイスもできなかったのですから。少なくても当時の司法書士としての私は、法律に関しては一応プロと言えたかもしれませんが、経営のことなど全く分かりませんでした。税務も会計も分かりません。なにせBSもPLも読めないという状況でした。

それまでの司法書士としての仕事は、ほとんどサラリーマンの方からの相談で、どうしても返済できない場合には破産するという方法で解決していました。

※誤解される方が多いのですが、サラリーマンが破産をしても、大きな財産が無ければ生活はほとんど変わりません。仕事を失い、近所に知られ現在の住まいを離れなければならない、ということもありません(持ち家の場合は別ですが)。言い方は悪いですが、最悪破産すればなんとでもなるのです。

しかし事業主の場合はそうはいきません。確かに破産すれば借金は無くなりますが、50歳を過ぎて長年事業主としてやってきた仕事を無くし、仕事をするために必要な備品や設備を無くし、取引先からは迷惑をかけたと責められ、その後どうやって生活すれば良いのでしょうか?
そして、私は「どうすれば零細企業が破産せずに事業を立て直すことができるか?」考えるようになりました。最悪、破産するのは最後の手段だ。破産させず、経営状況を良くすることで事業継続させたい。どうすれば経営状況を良くすることができるだろうか?と。

法律の専門家として借金問題を解決する立場の人は、優秀な弁護士や司法書士がたくさんいます。しかし、経営状況を改善し、事業を継続させるという立場の専門家は、決して多くありません。特に、従業員数人程度という零細企業の再生を専門に手がけるような人はほとんどいないでしょう。私は、法律の専門家としての仕事は他の優秀な方々に任せ、零細企業の事業再生の専門家になりたい。事業再生の専門家として、経営に苦しんでいる零細企業の役に立てるようになりたい。少なくとも、自分に相談に来た事業主が、経営難から自殺を図るなどということは二度と起こさせないようにしたい。そう思いました。

このような経験から、司法書士という仕事は一度離れ、会計事務所で税務会計や経営について学び、零細企業の再生や売上UPのサポートを行うコンサルティング企業(株)あおい総合研究所を設立し、現在に至ります。

なぜ植木屋・造園業のための成功報酬制集客代行を始めたのか?

中島造園様のご支援がきっかけ

2014年に中島造園様から相談を受けたことが始まりです。

当時の中島造園様の年商は500万程度でした。
サラリーマンならともかく、個人事業主のため、そこから経費等が差し引かれ手元に残るお金はわずか、ご家族を養っていく必要もあるため、当初担当だった税理士からも「今後どうしていくの?」と心配されてしまう程でした。

そこで中島さんと協力し、試せることは試してみよう。
Web集客やチラシ集客・地域のフリーペーパーなど、数多くの集客方法を試し、サービス開始後1年で問い合わせ数38件/月、売上180万円の実績に至るまでになりました。

他のいくつかの植木屋さんにも同じ集客方法で集客を開始していくと、同じように成果が出始め、この集客方法が他の植木屋さんにおいても再現性があることが分かりました。
今では全国の植木屋さんにもサービスを提供できるまでになりました。

ちなみに、きっかけは中島造園さんのご支援でしたが、どうやら私は植木職人さんのように、真面目で職人としての技術を追求する人達が好きなようです(笑)

当社のサービスを使ってくれた非常に多くの植木屋さんに喜んで頂いており、大変うれしく思っています。

元サイトで動画を視聴: YouTube.

植木屋・造園業のための成功報酬制集客代行の今後の展望

クライアントを個人事業主から経営者にするご支援をしていきたい

集客のご支援を続けてきた植木屋さんの中には、年商2,600万円に到達し、個人事業主として稼げる売上の限界に達してきた方もいらっしゃいます。

そこから更なる売上を目指すとなると、人を雇用し、組織として売上を作っていく必要があります。

もちろん植木屋さんの中には、生涯現場で働き続けて職人としての腕を磨いていきたいと考えている方もいるでしょう。

一方で、自分が事故などで働けなくなるリスクを考え、自分がいなくても売上が立つ組織作りをしていきたいと考えている植木屋さんもいるでしょう。

そうなると組織化のための人員の採用や社内体制の構築など新たな課題に直面します。

そこで今後は、そういったあらゆる経営課題でのご支援も行い、クライアントたちが現場に出なくても売上が立つような仕組みづくりをサポートできればと考えています。

さいごに

ここまで長文にお付き合いいただきありがとうございました。

集客WebやYoutubeで集客のお役立ち情報を余すところなく発信しています。

ご支援に至らなかった方や集客代行への申し込みを検討されている方であっても、無料で「植木屋・造園業の集客」について学ぶことができますので、ご興味あれば是非ご覧くださいね!